パールイズミ クールフィットドライ UV ロングスリーブ を試す

プレビュー

現在の日焼け対策

自宅での自粛も徐々に解禁され始めてお外で乗れるようになってまいりましたが、気候的に一番気持ちいい春は過ぎ、日差しはすでにギンギンの夏のよう。お肌弱よわ人間の私はしっかり腕と足までカバーしておかないとえらいことになってしまいます。

dhb 軽量メッシュ半袖ベースレイヤー

私が現在使用しているのは海外通販の wiggle で購入した dhb 軽量メッシュ半袖ベースレイヤー 。メッシュ状で通気性が良いですし、吸収速乾性も良く肌に張り付かないのでサラサラを保ってくれます。それに伸縮性も良いのでピッチリ着たい人にはお勧めです。3千ちょっととお安いですし。袖なしもありますが私は脇もカバーする袖ありが好き。こいつの白を愛用中。

上記のベースレイヤーにパールイズミのコールドブラックアームカバーを組み合わせて使っております。こいつも秀逸な出来でして、ただ一枚の布を筒状に縫っただけではなく日の光が当たらない側は目の荒いメッシュ生地が使われていて、日焼け予防だけでなく通気性もそれなりに確保されています。

パールイズミ コールドブラックアームカバー
パールイズミ コールドブラックアームカバー

素材「コールドブラック」も一般の素材よりも4~5℃も温度を下げてくれるそうな(当社比)。実際に使っていて涼しいのよねこれ。

さらにずり落ち防止のグリッパーがいいのです。通常はシリコンが帯状に一周しているものが多いですよね。でもお肌よわよわ人間の私が使うとかぶれたように赤く腫れたりするんですよね。

パールイズミ コールドブラックアームカバー
パールイズミ コールドブラックアームカバー

こいつはグリップ力のある布のような感じで汗も通すので肌がふやけないし、シリコンに比べてとてもソフトな肌触りで、肌が荒れることが少なくなりました。

ただね、肌は荒れませんが締め付けてずり落ちを防止しているのには変わりありません。短時間のライドならいいのですが、ロングの後にはやっぱり締め付け跡くっきりでちょっと痛い。同じ思いの人はきっと多いはず。

パールイズミ クールフィットドライ UV ロングスリーブ

解決しましょうね。どうせ今までライド中にアームカバーを外すことはほとんどなかったので、最初から長袖付きのベースレイヤーを買えばよいのです。

パールイズミ クールフィットドライ UV ロングリーブ。パールイズミはちっと高いのですが、アマゾンでセールやっとったのでめっちゃ安かった。ちなみにこれは旧バージョンのようで2020年からは、

こちらの コールド シェイド ロングスリーブ にモデルチェンジしたようですね。見た目はよく似ているのですが素材が違うようで、太陽光を遮蔽してウェア内の温度上昇を抑えながら日焼けを防ぐ素材「コールドシェイド」を採用してるそうです。私が今まで使っていたアームカバーの「コールドブラック」と同じようなものでしょうか?アームカバーも2020モデルからコールドシェイドに移行したようですし。白色もあるのにコールドブラックって名前はややこしかったからかな。

どっちを買おうか迷いましたが、安さにひかれてコールドシェイド無しの旧バージョンを買ってしまいました。

ここからは今まで使っていた半袖ベースレイヤーと、コールドブラックアームカバーとの比較になります。

まずは見た感じから。胴回りはこれまで使っていたベールレイヤーと同じようなメッシュ状ですね。

パールイズミ クールフィットドライ UV ロングリーブ
パールイズミ クールフィットドライ UV ロングリーブ

光に透かして見るとこの通りで通気性は良さそうです。生地もサラサラしていて汗をかいても張り付きを防いでくれそうです。

パールイズミ クールフィットドライ UV ロングリーブ
パールイズミ クールフィットドライ UV ロングリーブ

腕周りはこれまでのアームカバーに比べて、ずいぶん薄い生地で涼しそうです。日の当たらない側は胴回りと同じメッシュ生地です。日差しを防ぎつつ通気性はしっかり確保されています。

ちなみに私は身長168㎝、体重57㎏、胸囲89㎝、ウエスト78㎝、腕は女子並みの細さで、Mサイズを選択しました。パールイズミのサイズは少し小さめに設定されているようで168㎝はMサイズの上限ですね。

それでは試着してみましょう。ん...これは、伸縮性がいい生地とは言えませんね。特に脇にあたりと手首周りの縫い目の伸縮が悪いので、着脱時には気をつけないとミチッとやってしまいそうです。サイクルジャージのような伸縮を期待しない方がよろしいかと。なのでピッチリ着たい方にはサイズ選びが難しいですね。

それと...なんか微妙に暑いかも。これまで使っていたものに比べて、ほんのりなんですが体の熱がこもるような印象。アームカバー比べて生地は薄くなっているんですけど、近頃の接触冷感素材になれているとこれは。やっぱ「コールドブラック」やら「コールドシェイド」って効果あるんか。でもこれは旧バージョンを選んだ私のせいですね。

パールイズミ クールフィットドライ UV ロングリーブ
パールイズミ クールフィットドライ UV ロングリーブ

あと腕部分がユルユル。これも腕細ほそ人間の私のせい?半袖レイヤーにアームカバーなら胴と腕それぞれにあったサイズを選べますが、長袖タイプはそうはいきませんよねぇ。これは盲点でした。私ピッチリ着たい派ですので。

試走してみよう

なんか試着した状態でネガティブな所にばかり目がいってしまいましたが、とにかく使ってみましょうね。気温26℃、湿度50%、直射日光ギンギンの真昼を試走です。

まず走り出すと腕の部分は涼しいですね。生地が薄いのとメッシュ構造も相まって通気性はとてもいいです。これはいいかも、っと思いきや。

信号で停車すると...暑いかも。風を受けなくなれば暑くなるのは当たり前なんですが、これまで使っていた半袖レイヤーとアームカバーに比べてこれは暑いな。特に日に光を真上から受けている背中がポッカポカなのは、胴部分が白のレイヤーから黒に変わったからなのか?

そのまま1時間半ほどヒルクライムして帰宅。

せっかく買ったのにこれは...現実を受け止めらず、これは自分の感覚がおかしいのかと疑い始める。納得できないので三日後に同じ条件の天気の日に、これまで使っていた半袖レイヤーとアームカバーで走ってみる。

あぁ...やっぱ今までのやつの方が涼しいわ。これ夏場に使うやつじゃなかったかな。こいつが生きてくるのは、春先の暖かいのか涼しいのかわからんような季節でしょうね。春秋用にしますわ。夏場に使いたいなら新バージョンの方を選んだ方がよろしいかと思います。

それと完全に忘れかけていましたが、当初の目的である、アームカバーの腕への食い込みは当然なくなりますのでそこは快適ですよ。