バーエンドに仕込めるロードバイク用ブザー GENTZ

お得情報

道路標識等で警告音を鳴らさなければいけない場所があったりするんですから、自転車には警告器(ベル)は必須です。道路上で一度も使ったことはありませんが、当然私もちっこいベルを付けてます。

私のステム周り
私のステム周り

大体皆さんステム近くの、ライトやサイコンのある込み合った部分の隙間に取り付けているかと思います。私がこのベルを選んだ理由も、邪魔にならない小ささで目立たないから。なんともかわいそうな理由ですが使わないんだからしょうがない。

そんな自転車のベル事情ですが、クラウドファンディングで面白そうな警音器を見つけました。

クラウドファンディングサイトのCAMPFIREで支援開始されている GENTZ です。

GENTZ
GENTZ

こちら簡単に言うと、ロードバイクのハンドルバーエンド内に装着できる電子警音器です。はぁー電子ベルの発想はなかったわー。なんか子供の頃に乗っていた自転車思い出すわ。主なスペックはこのような感じです。

  • 重さ:14g
  • 連続使用時間:300日(1日30秒ボタン押下)
  • バッテリー:リチウムイオン電池
  • 適合ハンドル内径:18.5㎜~21.0㎜
  • USBタイプ:Micro B
  • 防水性:IPX4

重量14gは私の使っているベルより軽量ですね。バッテリーは1日30秒押しても300日もつと。どうせ押さないんだから実際にはもっと持つでしょうから、年に一回充電すれば十分でしょうか。防水性ですがIPX4は雨水くらいならば耐えられる等級です。洗車時にホースで直接水をぶっかけなければロードバイクには十分ですね。

で一番肝心なブザー音ですが、動画で見てみると高めのピーピー電子音です。押してる間だけピーと鳴ってますね。なんだか味気ない音のような気もしますが、さっきから言っているように実際は鳴らさないよね。これを欲しいと思う方はハンドル周りをすっきりさせたいのが目的かと思いますので、この際音色はあまり重要ではないかと。

それでお値段はいかほどかと申しますと、一般販売予定価格5,000円なり。

うにゅ~ん...なかなかのお値段ですが、それほど大量に生産してないでしょうし日本製のようですから仕方ないかな。それでもなかなか好評のようで、先着50名の30%OFFはすでに予約終了で、先着100名の20%OFFも7月6日時点で残り10名になってますね。やっぱり皆さんベル邪魔なんですね。

期限は2019年7月25日いっぱいで、発送は8月予定のようです。

私こういったアイデア商品大好きです。海外にパクられないように頑張ってもらいたいものです。

GENTZ公式サイト